俺のパイズリ【第1回】「こんな女に挟射したい」シリーズのオススメ作品 ベスト3

コラム 俺のパイズリ

ツイッターで多数のフォロワーを抱えるパイズリマニア“大きいことはいいことだ”
@oppaibigisgood)が、しがらみ・儲け・一切関係なしに自分がひたすら抜いてきたパイズリシーンをレビューする「俺のパイズリ」 >> 自己紹介はこちら

俺のパイズリについて

とにかく「イイ!」とおもったパイズリ挟射をレビューするコーナー。作品全体ではなく「この作品の、このパイズリが抜ける!」というものを解説するコーナー。作品構成(パイズリが何回、挟射が何回など)や各チャプターにおけるプレイ内容など作品概要の説明ではなく、ピンポイントでパイズリに絞った史上初?のニッチなレビュー。

「こんな女に挟射したい」シリーズの俺のパイズリベスト3

記念すべき「俺のパイズリ」の第一回。正式タイトルは「こんな女に挟射したい 谷間マ●コにそのまま中出し」。制作はドリームチケット。毎回女優さんのキャスティングは異なるが基本的な構成は同じで素人参加コーナーもある。2012年7月より計16作品がそれぞれ別の女優さんを主演としてリリースされている。2014年4月の作品を最後に現在はリリースを休止している模様。

タイトル通り、シリーズを通してほぼすべてが挟射。女優の選定にもこだわりが見える。特に当時パイズリに関しては目立った評判が無かった長澤あずささんを起用して思わぬパイズリテクニックを開花させたり、本人には失礼ながら当時ほとんどAVの仕事がなかったが、旧名:桃井りか時代から一部のマニアにとってパイズリテクニックには定評のある桃宮ももさんを突如起用し実用性の高いパイズリを多数提供してくれたり、本真ゆりさんや入江愛美さんなど無名だった新人を起用してパイズリ的逸材を世に送り出すなど、大胆かつセンスのある人選が評価できる。

しかし、最終的には一般的には爆乳と言われるサイズの爆乳をもちつつも、どちらかといえばルックス、スタイルを重視した女優をキャスティングするなどパイズリへのこだわりが薄れていった様に感じる作品が多くなり、結果としてパイズリマニアの期待を裏切り衰退していったような印象を受けたことも事実。(ただし誤解を招かないためにも申し上げるが、女優さんそのものの素質や全般的なプレイ、淫語などは十分に抜けるレベルにあることは強調しておく。)個人的にはぜひ復活してほしいシリーズの一つである。

なお当シリーズの続編と思われるものとして「優しいパイズリ」「挟射好きが集まるパイズリOFF会」などが同じくドリームチケットよりシリーズ化してリリースされているが、女優さんのキャスティング以前にパイズリ以外のプレイも取り入れようといった意図(本番シーンが必ず入るようになった)、つまりパイズリ重視よりも「万人受け」をターゲットとしているように感じられ、筆者としてはここら辺で原点回帰していただきたいという気持ちが強い。

そんなシリーズ作品のうち、どの女優さんの、どのシーンのパイズリがよかったかをランキング形式で解説する。もちろんここであげたもの以外にも甲乙つけがたい素晴らしいパイズリはたくさんあり、苦渋の決断で何とか3つを絞り出したと捉えてもらっていい。

したがって人によっては「絶対ここで紹介されたものよりも良いパイズリがあるじゃないか!」という意見、抜き所もあってしかるべきと考えている。もしそんな方たちがいたら熱い意見のぶつけ合いができたら最高である。未見のパイズリマニアの方にはぜひシリーズを通してみてもらいたいし、パイズリ入門作品としてもおすすめである。本レビューが皆様の素晴らしきパイズリオナニーライフの少しでも参考になってくれたら幸いである。

 

第3位 杏美月さん編(Jカップ)

カップ : Jカップ
おっぱいタイプ : ボリューム系おわん型
ルックス : 美人系
スタイル : チョイぽちゃ
パイズリタイプ : 揺らし系
乳輪サイズ : 普通
乳首サイズ : 普通

記念すべきシリーズの第一弾。女優さんは言わずと知れたパイズリテクニシャン。その彼女をシリーズ第一弾に起用したあたりにメーカーの当シリーズに対する大きな熱意が感じられる。

おすすめはラストチャプターの素人自宅に女優さんを招待する風のシーン。ただ男優は素人ではない。昔はパイズリ挟射オンリーの男優として、そして現在では本番もこなすマッチョ系男優である。顔が出ていなくてもチンポが左曲がりのため分かりやすい。余談になるが筆者も左曲がりのため感情移入している感が否めないことを付け加えておく。

まずは乳首舐め、手コキ、フェラとパイズリ前に勃起させる王道パターンが続く。このシーンにおける乳首舐めしながらの手コキは見るからに興奮する。興奮する手コキというのはモザイク越しにでもその絶妙な「握力」が伝わってくるからだろう。手コキもパイズリと同様ただ激しくすれば男が気持ちいいかというともちろん違う。またAVを見ている側が激しければ激しいほど興奮するかということそれも違う。痛さを想像させてはいけないのだ。それを理解し見事に体現しているのがこの女優さんなのだと思う。

話を戻す。当シーンにおけるパイズリは女性のひざに男性があおむけになりながら腰を乗せるもの。AVで見るパイズリとしては最もポピュラーな体位だ。この女優さんのパイズリを見る際には、是非チンポを谷間に挟み込む瞬間の所作を見逃さないでほしい。両手でおっぱいを持ちあげ寄せて谷間をつくりながら、左右の薬指と小指の4本を使って絶妙なタッチで谷間にヌルッとチンポをすべり込ませる。このようなやり方だとチンポはすでに出来上がっている谷間に侵入させられるため適度な乳圧を味わいながら挟み込むことができるため、ただ左右から挟み込むよりもおっぱいの感触を味わいながらパイズリを迎えることができる。筆者はこの乳肉の谷間にチンポを押し込む感触が大好きだ。

パイズリの仕方としては体を必要以上に上下させるのではなく、おっぱいのみを揺らすようにして上下させる。その際に左右からグーの手で器用に挟むことでホールドを崩すことは絶対にしない。このホールドを外さないというのはパイズリにとって最重要項目のうちの一つでありながら、中々実践できる女優さんが多くはない。私がパイズリについて語る上ではホールドがしっかりできていることを大前提としている。すなわちこの点ができるだけでもかなり高レベルであることがわかる。また揺らせるようにおっぱいを上下させることがこの女優さんの特徴であることを述べたが、これにより押付けるパイズリよりもおっぱいの柔らかさ、適度な摩擦を体感できるはずである。それが画面越しにも伝わってくるあたりが興奮する。この揺れるようなパイズリを体現できるこの女優さんの場合、着衣パイズリよりもおっぱいの動きが分かる全裸のパイズリがその特徴を活かせると筆者は考える。

プレイの方は膝乗せパイズリのままスタンダードな上下動、そして時折左右交互を加えることでバリエーションを生み出し男優を絶頂へ導いていく。最後は女優さんが自分のおっぱいを左右から鷲掴みにするようにして激しめのスタンダードな上下パイズリを繰出し発射。精子は飛び系というよりもどろっと谷間にたまる系。パイズリ開始から発射までは1分55秒ほど。パイズリでイケないプロのAV男優も多い中、これだけ早くイカせるパイズリというのは必見である。ぜひお勧めしたいパイズリシーンである。

 

次のページへ『ランキング上位2つは?』

 


.

アクセスランキング