乳フェチサイトBoinBB仕掛け人 ボインマスターS氏インタビュー

bobb00325jp-13
Boin「水原みその」Box2 より

強力な乳フェチ向け作品で、巨乳マニアに一目置かれていたBoinBB.com。その仕掛け人であるボインマスターS氏は、私(杜哲哉)とも、何度か酒を酌み交わし、おっぱいやAVについて語り合った仲。いわゆる私的な表現でいうと「巨乳仲間」でした。

10月の新作で「帰ってきたボインマスター」の文字を見かけて、「おおっ!来たかっ!」と思い、早速連絡を取ってみました。

※画像には引用元へのリンクがしてあります。女優名がわからなくても許してね

> ボインマスターS氏についてご存じない方は下記の「ボインマスターS氏の記憶に残る仕事」を御覧ください <

ボインマスターS氏 インタビュー

杜哲哉(以下、杜): おかえりなさい!

S氏: ただいま(笑)杜さんとまた遊びたいが為に戻ってきました (笑)

杜: またまた~w

ボインマスターS氏(以下、S氏): というのは半分本当の冗談として(笑)
自社の制作作品にはずっと関わっていたんですけどね。一度、色々見ようとおっぱいフェチから離れましたが、ぼちぼち巨乳をやってくれということを言われ。。。色々なタイミングが重なり、BoinBBを復活させました。

復帰第一弾は、水原みそのを起用

杜: 今回はどういう形でBoinBBに携わっているのでしょうか?

S氏: 新しい才能あるスタッフも含めて、今まで助けてくれた優秀なスタッフがまた揃いました。

私は制作全般指揮してます。ま、その辺は基本前とは変わりませんが。変わったといえば、一度おっぱいフェチ物の制作を休止したのが私にとって結果大きかったなと思いました。

杜: 休止して、何が変わりました?

S氏: 変わったのは自分が作って来たタイトルを客観視できた事ですね。当時作ってる時は映像をチェックするものの、客観視は出来なかったかもなと。

はじめは信念で撮ってたものが、余裕がなくなって崩れてきたのが改めてわかったり。原点と BoinBBユーザーという所は改めて何度も見直すという時間になりました。これはいったん離れて見ないと分からなかったかもしれません。

おっぱいはデカさが正義です

杜: AV界の変化に関してはどうですか?

S氏: AV界はご存知の通り激動の時代になりました。

昔のようにある種の自由に撮れる時代は終わり、ソフトを提供するメーカーは多種に渡る販売形態、媒体の中、色々な制約もあり、どう独自性を保てるか、昔より更に加速したと思います。

杜: おっぱいに関しては?

S氏: そこは変わってません、全く(笑)
デカさが正義です(笑)

杜: そこは変わらなくて良かった(笑)

影響を与えたり、与えられたり

授乳手コキを1ジャンルとして確立したのはS氏の功績が大きい

杜: SNSが発展して「自分な好きなエロ・おっぱい」を発信する人が増えました。そういうのを見て「あ~、こういうの確かにエロいな」等、参考にしてエロを吸収してヒントにしているのですが、Sさんはその辺何かに影響を受けて活かしたいとか、そういうモノはありましたか?

S氏: もー先に言っちゃうんだから、そういう事を言いたかったっす(笑)

杜: すいませんw 語りたがり癖がつい(汗)

S氏: むしろ、離れて客観視出来たのはそこです。

15年前と違うのがそれで、個人でおっぱいを発信する時代になりましたので当然参考になります。BoinBBに影響を受けたかもなという映像も色々拝見しましたし、刺激も個人的に頂きました。

その他色々な配信物で個人で撮影しているアマチュアの映像は見ました。そして、AVと個撮の違いという物が自分なりに見えてきました。これは私の中で非常に大きかった。AVと個撮に関しての違いは、違い、良さ、悪さ、目的等が整理できAVを再度見渡せる事が出来ました。

杜: 僕自身BoinBBには影響を受けてますし、巨乳仲間で個撮の乳フェチ撮りをしてる佐久間さんも影響されてます。「BoinBBが復活したなら、もう自分は撮らなくてもいいかな」とまで言ってました。

S氏: そんなことを!佐久間さんの作品は個撮独特の良さも出てるので、続けて欲しいなぁ~。

杜: AVと個撮の違いで見えてきたものとは何でしょう?

S氏: 端的に言うと、AVはユーザーに抜けるようにと考え、見せ方から入ります。企画やプレイやアングル等。買ってもらうからにはいかにそこを詰めるかです。

監督も女優も男優もそれに従い動きます。そこに熱があるかないかの差は当然ありますが、一定のユーザーに対して平均化した見せ方がまず第一に模索します。ここで、男優の熱や技術が槍玉になる事があります。勿論ハマっていればある程度何度も使えるネタになると。

逆に一般の個人撮影の場合、撮り方に対してユーザーに見せるという意識してないものがほとんどかなと思います。しかしながら、撮り手の欲望や熱が伝わります。こだわりもあるでしょう。が、アングルや出ている女の子の動きをもっとこうすればいいのに、と思う事が多いのは個撮の方が多いと感じます。

故に選ぶ基準が、出ている女の子を単純に選ぶという段階から購入に至る事が多く、この子いいな!と思っても使えるネタになってない事が多い。

結果として、1番良い形は何かといえば両方の融合です。 BoinBBも常にそうありたいと考えてます。

熱やアングルに関して、実はその2つをバランスよく良い意味で個撮感を醸し出す、アイアンヘッド の作品にあるなと感じます。両方いいバランスです。これは忖度なしに。ただ、中々難しく、素人さんなので女の子に左右される依存度が高いので女の子を選びますね。

男優の徹底指導、そしてマンネリとの向き合い方

男優は徹底指導しているというS氏 モデルは相奈さゆき

杜: 復帰第一弾を拝見して、男優陣が一新しているのに気づきました。Sさんは以前、おっぱい好きな一般人を男優に育て上げて起用したりしてたのが印象深かったのですが、今回の復帰に際し、意識していることはありますか?

S氏: 男優に関しては1番の課題です。
男優も時代の流れとともに陣容も変わって来ましたが、以前起用してた男優にもお願いしております。

意識は、やはり兎にも角にも何を見せたいのか、男優にこちらの意図をしつこく何度でも言って意識してもらう事。それに対する熱量です。

杜: 僕はマンネリでも一つのスタイルを崩さず突き進むのもアリかなと思っているのですが、フェチモノってマンネリが宿命みたいな分野でもあるじゃないですかw そこで、新たに指揮するBoinBBでは、以前と意識的に変えている所とかはありますか?それとも敢えて変えずに突き進むスタイルでしょうか?

S氏: 宿命です(笑)

フェチは特にそうかもしれませんが、但し、そのマンネリを昔はネガティブに捉えた部分がありますが、今は少し違います。方法論は頭にあるのですが、結論からいうと マンネリに真っ向勝負ですね(笑)

例えて言うなら、志村けん です(笑)
伝わるかな(笑)

あと、ウチだけに限らず、ブレたら終わります。ブレたとユーザーに感じられた瞬間に緩やかに死に向かう。それは感じます。

ブレたことで苦労しているメーカー

杜: ブレたら緩やかに死へ・・・凄いシビアですね。「ウチだけに限らず」とは、他にそういった例があるのでしょうか?

S氏: 基本的に私が思うのは撮っていたら色々な物が撮れますので、ターゲットに合致した新たなものをほんの少しつける程度で変わると思っています。ただ、方向性を間違えるとユーザーが離れます。

どことは言わないですが、大手さんもそれで悩まされています。ブレて停滞してテコ入れしている某有名メーカーをずっと見てるのですが、物凄く時間とお金が掛かります。最悪停滞し潰すのか、新たに作るのかの繰り返しです。

杜: それって、メーカー名とか訊いてもいいですか?オフレコにしますんでw

S氏: いくつかあります、当ててみてください(笑)

杜: ええ~!全然わからない・・・。△△△△ とか?(当てずっぽう)

S氏: △△△△ さんは何でもメーカーなんで外しましょう(笑)

杜: えー!全然思い浮かびません!ギブアップ!

S氏: ま、あくまで僕の読みですが裏も多少取りつつ、○○○○です。

杜: え~! 確かに○○○○は可愛いコ減ったな~とは思ってましたが。。

S氏: ○○○○は元P(プロデューサー)の時にブレはじめてから中々軌道修正効かないので、変わったPが今、金を投入ところまで来てどうするか。
ただもうキャスティング路線が崩れてますね。

杜: 今は巨乳のコが主力の様に見えますが、どうもメーカーのイメージにあってないようが気がしてます。

S氏: しかも移籍でしたよね、あの子。全くその通り(笑)

まあ持ち回りキャスティングがあるのはわかりますが、それ以上に 数字有りきなんでブレる。

杜: ○○○○に思い入れがない自分でもそう思うくらいですから、一般ユーザーさんも求めるものがそこにないと、ソッポ向いちゃうんでしょうね。なるほど。ブレるとはそういうことなんですね。

S氏: あと、今徐々に持ち直しましたが□□□□ 。

杜: □□□□は意外です。っていうか微乳メーカーのイメージであまり見てませんでした。顔重視だったイメージです。

S氏: □□□□ は、言ったら美人なお姉さん的なのが多かったんですが、メインPが他メーカーに行き出してから、そのPの力もあり削がれたのかもなと。

杜: プロデューサー1人で色々変わっちゃうんですね。。それにしてもSさん、裏で色々やってるんですね。色々ご存知でw

S氏: 裏はないですよ(笑)

系列会社の手伝いしてて、色々長いことやってるんで、噂が入るだけです(笑)

杜: そうそう、話はブレてしまいましたが、制作のブレの話の続きをお願いします。

S氏: はい(笑)

実際他の色々な監督に聞いても大きく撮り方が進化するわけでもないわけで、SNSや個撮等からもアイディアを頂きほんの少しの色付け程度で、但し 真はブレない。これを繰り返すしかありません。ここまで来れば儲けたもので安定的な作品の質が担保出来れば、あとはモデルによって数字が変わる。

実はここまで来てやっとモデルによって数字が左右する事なんだと気づきます。作品の質を担保せずに女優任せでというメーカーはたまに数字でても必ず衰退しますし、大体ブレて途中でユーザーが離れます。

杜: へ~!ほとんどキャスティングで売上決まっちゃうのかな~と思ってました。

S氏が凄いと思うメーカー

プレステージさんが好きそうな女優といえばあやみ旬果

S氏: 私がマンネリやブレの事でいうと、やはり凄いなと思うメーカーさんがあります。

杜: おお~、どちらのメーカーさんですか?

巨乳メーカーというわけではないんですが、それはプレステージさんです。

プレステージさんは 絶対的美少女メーカーという謳い文句から、長い年月を掛け、単体や企画、配信と成長し、更には 自分たちで一大配信サイトを作り上げ販売網を構築しました。

あれだけ沢山の数を出してますが、絶対的にブレてないんです。よくプレステージさんが新人でという風な話のモデルが回って来ますが、まずスタイルが良い子、そして顔、とキャスティングが絶対的にブレません。 可愛くてもデブは撮らないし、スキルがあってもブスは撮らない。

杜: なるほど。スタイルや胸・顔が整っている女優さんを見た時「プレステージさんが好きそう」という表現をする時があるのですが、そこまで人々に浸透してて、そして、ブレずに突き通して信頼を得ているんですね。興味深いです。

S氏: そうなんです。スタイルと顔の絶対基準があってそこからブレないからユーザーも安心して選べる。

そして企画もバラエティに富んでいるけど、真の所は変えない。素人なら素人の色や単体なら単体のキャスティングシーンは絶対に守ってます。だからあれだけ多頭数出しても安定して数字が出せる。また、ライブ感がある映像なので今風の編集の処理や演出等。そこに変化の色をほんの少し足してます。

もうほんと色々な所が模倣してますが、ブレずにやれてるのは本当に凄いと思います。系列メーカーもそのように徹底していて、芯が一本通ってます。私も見習いつつ少しでも近づければと。

杜: それは、ライトなユーザーが、インスピレーションで買ってくれて、でもその根底にブレない信頼があるという感じなのでしょうか。それとも、ヘビーユーザーが色々わかった上で買ってるんでしょうか。わかりません。

S氏: 全くその通りです、流石です。

7割が上のシェアで新規からリピートを始めるまでの過程のライト。作品の質と女優が担保出来てるからリピーターが残りに3割。ただ、美形のスタイル重視なので元々門戸が広いのですが、それだとしても、新規に対してリピーターさせるまでの過程の7割にしっかりアピールし続けてる。という感じでしょうか。

杜: ほえ~。凄い分析ですね。これ、ここまで掘り下げても(公開して)良い話なのでしょうか?

S氏: 別に書いても構いませんよ、僕のあくまで分析でしかない と書いてもらえればいいですし。

他、気になっている事を訊いてみました

ガチガチの専属路線だったJULIAを撮るなんて、どんな魔法を使ったのかと思いました

杜: 女優の拘束(メーカーが専属契約していて、他メーカーが撮れない状態のこと)はいつも悩まされるところだとは思いますが、拘束関係なしで、今撮ってみたい女優って誰ですか?

S氏: 実は特段悩まされてはおりません(笑)
攻める所は攻め、分相応の所で静観してます。長くいるので大体はわかっていますから(笑)

撮りたい子、んー。AV界で今、専属単体でやってるモデルさんで撮りたいという感じの人はおりません。それより新人発掘したいなと思います。撮りたいで言えば、個人撮影の名もない顔も出さない素人爆乳には何人もいますよ(笑)

杜: あ~、いますいますw
でも、撮りたいレベルのコって、Fantiaとかで自分で稼いじゃうからナカナカね~。これも時代の変化なんですよね。。

杜: では最後に、今後のBoinBBの抱負について教えて下さい

S氏:杜さんと一緒に仕事したいですね(笑)コラボとか(笑)

杜:え~!w

S氏: ま、それは置いておき、巨乳業界の色々な方から反響があり、驚いてますがそれ以上に身が引き締まります。

まずは、質の高いおっぱいフェチ映像のBoinBBタイトルを出していく事。それが担保出来るよう日々勉強してる最中です。そして新たなおっぱいユーザー開拓の為に何かチャレンジしたいのと、また、新人発掘にも力を入れたいと思います!

今後とも BoinBB.comを宜しくお願い致します!

ボインマスターS氏の記憶に残る仕事

あまり表舞台には出てこない裏方タイプのボインマスターS氏。しかし、私にとってS氏は巨乳界ではレジェンド級の一人と思っているのです。なぜ、そう思うのか?そんなS氏の記憶に残る仕事(杜哲哉目線)を紹介していきます。

倉田茜(まりな)を顔が出せない段階で起用

地方のテレビ等で活躍していたと噂される倉田茜(まりな)のデビュー作

2009年10月に『AV無理 倉田茜』が発売される前、2008年12月に、当時顔出しNGだったまりな(倉田茜)を立ち上げ間もないBoinBB.comの主力として起用。

顔出しできない女優を主力とするなんて普通なら考えられませんが、「このおっぱいならマニアが放っておかないはず」という、おっぱい好きの勘でやっちゃうところが凄い。実際、お世話になった巨乳マニアは多いはず。

友野みゆき 伊東このみ 等のマイナー女優をいち早くリリース

乳房の張りとまん丸の乳輪がたまらない友野みゆき
めちゃくちゃイイ乳してるのに出演作が少ない伊東このみ

ボインマスターはとにかく情報収集と決断が早い。当時、業界では誰よりも新人巨乳にアンテナを張り、専属デビューでない限り即座に撮っていました。その早さのおかげで、私達は早々に引退した女優もバッチリ乳フェチプレイを見ることができるという恩恵を得ることになります。

橘なお(上原海里)を「白い時」に3作品も撮っていた

と言えば、「それは早いな!」と頷いていただける方も多いはず!

Boin「上原海里」Box 上原海里 Boin「上原海里」Box2 上原海里 Boin「上原海里」Box3 上原海里 上原海里ボインボックスBEST4時間

その他にも、私的にありがたいな~と思った女優はこれだ!(以下)

櫻庭茜
吉川桃
あきな
小倉ゆず
相奈さゆき
桃華マリエ
三好亜矢
吉永あかね
里中あきな
真鍋紗愛
菅野みいな
木咲美琴
meru
希本なつ美
二葉しずく
春日もな
まりん(松田茜)
長谷川杏美
大月まゆか
眞野さくら
立花結衣
美月しのぶ
ももい理乃
ひなみるか

いかがでしょうか?もちろんメジャーな女優さんもいますが、「あれ?こんなにイイ乳なのに、名前知らない・・・」という方もいるのではないでしょうか?

逆に、全部知ってる貴方は相当な巨乳マニア、、というか、以前からBoinBBをチェックされている方でしょう。S氏は、メジャーから掘り出しおっぱいまで網羅して、撮りまくっていたのです。

乳いじりのスタイルを次々に生み出していった

S氏は、良いモノはすぐに取り入れ、さらに新しいモノを生み出すチカラがありました。

授乳手コキ

青山菜々の授乳手コキ
三好亜矢の授乳手コキ

授乳手コキはその最たるもので、S氏ほど授乳手コキを撮った制作者はいないのではないでしょうか。撮り続けることで授乳手コキは一つのプレイジャンルとして確立されました。

ダブル乳舐め

男2人がかりでの乳舐め
男2人がかりでの乳吸い

男2人による乳舐めは、AVメーカー「未満」の『AV無理』シリーズで良く見られたプレイですが、BoinBBの定番シーンとして取り入れています。更に「乳舐め」と「乳吸い」を明確に分けているところもユーザーのニーズを考えてのことでしょう。

乳舐めのバリエーション

王道乳舐め
側位舐め
四つん這い・逆舐め
授乳スタイル

乳舐めに関しては、特にコダワリを感じる部分。正面から舐めるのか逆から舐めるのか、手を添えるのか、手で持ってもらうのか、衣服で強調するのか、様々なバリエーションが考えられています。そういった細かい所でエロさが変わるのを理解して実践している制作者は多くはないでしょう。S氏はそこを研究し実践しているのが見て取れます。

まだまだあるのですが、とりあえずパッと思いつくことを書きました。乳撮り道・・・深いです。かなり制作者目線の記事になってしましたが、、今後のボインマスターS氏の活躍に期待。そして、また勉強させてもらいたいと思っています。

BoinBBのリリース情報